訪問リハビリテーション

介護で起業ナビ

介護で起業ナビ フランチャイズで開業TOP > 訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

サービスの目的

要介護状態になっても可能な限り居宅で、有する能力に応じ自立した日常生活を継続出来る様に、利用者の病状・病歴・心身の状況・希望及び置かれている環境を踏まえ、主治医との連携のもとに訪問リハビリテーション計画に沿ったリハビリテーションを行います。

サービスの内容

【誰が】
病院、診療所または介護老人保健施設の理学療法士、作業療法士、または言語聴覚士が。
【何をどんな風に】
通院・通所が困難な利用者に対し、主治医との連携のもと作成した訪問リハビリテーション計画に沿って、自宅を訪問し、利用者の心身機能の維持回復を図り、日常生活動作機能の訓練を行います。利用者または、その家族に対し、リハビリテーションの観点から療養上必要とされる事について理解しやすいように指導または説明を行います。
【利用できる方】
要介護1~5の方です。
要支援1・2の方は、介護予防訪問リハビリテーションを受けられます。

①特別地域訪問リハビリテーション加算
厚生労働大臣が定める地域(離島・山村・豪雪地帯)に居住している利用者に対し、通常の事業の実施地域越えてサービスを行った場合は、1回に付き所定単位数の100分の5に相当する単位数を加算します。

②短期集中リハビリテーション加算
リハビリテーションを必要とする状態の原因となった疾患等の治療の為に通院し、退院した日または、要介護認定の効力が生じた認定日から起算して1ヶ月以内に行われた場合は、1週に付き概ね2日以上、1日あたり40分以上行われ場合、1日につき340単位加算します。

要支援、要介護について

当サイトがオススメする厳選FCをまとめて資料請求!!

資料を請求する