死亡率の低下と平均寿命の延伸

介護で起業ナビ

介護で起業ナビ フランチャイズで開業TOP > 死亡率の低下と平均寿命の延伸

死亡率の低下と平均寿命の延伸

死亡率の推移
平均寿命の延伸の翁要因は死亡率(人口1,000人当たりの死亡率)の低下にあります。最も死亡率の低かったのは1979年(昭和54年)の6.0であり、2010年に(平成22年)には9.5(死亡数は119万7,012人)となっており、2011年(平成23年)には推計で10.0(死亡数は126万1,000人)程度になるものと見込まれています。
平均寿命の延伸
この様な死亡率の低下に伴い、平均寿命は1947年(昭和22年)の男性50.06歳、女性53.96歳から、2010年(平成22年)では男性79.64歳、女性86.39歳と大きく伸びています。国立社会保障・人口問題研究所の将来人口推計によれば、今後、平均寿命は更に伸びて、2055年(平成67年)には男性83.67歳、女性90.34歳になると見込まれています。

当サイトがオススメする厳選FCをまとめて資料請求!!

資料を請求する