居宅療養管理指導

介護で起業ナビ

介護で起業ナビ フランチャイズで開業TOP > 居宅療養管理指導

居宅療養管理指導

サービスの目的

要支援や要介護の状態になっても、残存能力に応じて、可能な限り自立した居宅での生活が営めるよう、療養上の管理及び指導を行い、療養生活の質の向上を図ろうとすサービスです。

サービスの内容

【誰が】
指定居宅療養管理指導事業者(通常は病院または診療所、薬局)の医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士(歯科衛生士が行う居宅療養管理指導に相当する内容を保健師、看護師、准看護師が行う場合を含む)、管理栄養士、看護職員がサービスの提供を担当します。
【何をどんな風に】
担当者が通院の困難な居宅の利用者や居住系施設入居者を訪問し、利用者の心身状況やおかれている環境などを把握し、これらを踏まえた上で、担当者の職種として定められた療養上の指導・助言を行い、利用者の同意に基づいてケアマネージャー等に居宅サービス計画策定に必要な情報提供をします。
【利用できる方】
要介護1~5の方です。しかし、通院が困難で、医師や歯科医師の診察により、居宅療養管理指導の必要性を認められた方が対象となります。要支援1~2の方は介護予防居宅療養指導を利用できます。

要支援、要介護について

当サイトがオススメする厳選FCをまとめて資料請求!!

資料を請求する