経営を失敗しないために

介護で起業ナビ

介護で起業ナビ フランチャイズで開業TOP > 経営を失敗しないために

経営を失敗しないために

貴方は恐らく近いうちに優良フランチャイズ本部と出会い、フランチャイズオーナーとして事業をスタートする事になるでしょう。その際に、どうすればうまく経営を続ける事ができるのか。想像すると不安になってくる方も多いのではないでしょうか。

しかし、案ずることはありません。経営者の仕事というのは、実は大変シンプルなものです。 京セラの創業者であり、日本航空の会長として経営立て直しを成功させたカリスマ経営者・稲盛和夫氏が、非常にわかりやすくその極意を語っていますので、それを御紹介しましょう。 稲盛氏の考える理想をかいつまむと、それは「日々の採算をチェックし、売上が経費を上回るようにせよ」というものです。

  経営というのは、月末の採算表ばかり見ていてもうまくいくものではありません。月次の目標を立て、それに従って一日の目標をたてる。一日一日の目標をきちんと達成し、売上が経費を上回れば、自ずと月間の目標も達成し、会社には利益が残るのです。

  これは一見当たり前のようですが、世の経営者の多くは、これができていないから失敗します。経営がついどんぶり勘定になってしまう。帳簿を見るのを怠ってしまう。 オーナー、店長が毎日たゆまず努力し、日々の採算をつくることが、経営の第一歩と考えてください。どんぶり勘定をしている会社は、必ず倒れます。

そして中でも愚の骨頂と言うべきなのが、人を抱えすぎることです。 栄華を誇った大企業が、気づけば大赤字を出して倒産してしまう――そんな衰退するビジネスに最もありがちな共通点こそ、人員を増やしすぎたこと。人件費は企業にとって最も大きなコストの一つと心得てください。限られたマンパワーの中でいかに効率的に業務を回していくのか。それが、経営者たる貴方の考えるべき仕事なのです。

当サイトがオススメする厳選FCをまとめて資料請求!!

資料を請求する