訪問介護(ホームヘルプサービス)

介護で起業ナビ

介護で起業ナビ フランチャイズで開業TOP > 訪問介護(ホームヘルプサービス)

訪問介護(ホームヘルプサービス)

サービスの目的

利用者が、居宅での自立した日常生活を送れる様に、訪問介護員(ホームヘルパー)が、訪問して身体介護や生活援助などを行います。

サービスの内容

【誰が】
原則として法人格を持つ指定訪問介護事業者ですが、法人格はなくとも、一定の基準は満たした「基準該当サービス」も保健の適用になります。事業所には、従業者として、サービス提供責任者と訪問介護員(介護福祉士や訪問介護員養成研修修了者、1級から2級)がいます。
【何をどんな風に】
身体介護中心、生活援助中心、通院の為の乗降車介助中心の3つの区分があり、居宅サービス計画はこの区分を用いて作成されます。サービス提供責任者は、利用者の希望や日常生活全般の状況を踏まえて、訪問介護の目的やその目標達成の具体的な内容などを記載した「訪問介護計画」を作成し、この計画に従って、訪問介護員が訪問介護を行います。尚、この計画は、居宅サービス計画を基に作成されます。
【身体介護と生活援助が混在する場合】
全体として、何れかの型を決めるのでは無く、「身体介護」に当たる行為がその程度含まれるかを基準に、20分は1単位として、「身体介護」と「生活援助」を組み合わせて算定する事になります。 何れの型かの判断は、まず、身体介護に要する一般的な時間や内容から見て、身体介護に要する一般的な時間や内容から見て、身体介護を構成する個々の行為を、以下の3つに大きく分類した上で為されます。

①比較的手間の掛からない体位変換、移動介助、移乗介助、起床介助(寝床から起こす)、就寝介助(寝床に寝かす)等の「動作介護」
②ある程度手間の掛かる排泄介助、部分清拭、部分浴介助、整容介助、更衣介助、「身の回り介護」
③更に長い時間で手間の掛かる食事介助、全身清拭、全身浴介助等の「生活介護」

該当例としては、次の様な場合が挙げられます。
【利用できる方】
要介護1~5の方が利用できます。

要支援、要介護について

当サイトがオススメする厳選FCをまとめて資料請求!!

資料を請求する