少子高齢化の進行がわが国に与える影響

介護で起業ナビ

介護で起業ナビ フランチャイズで開業TOP > 少子高齢化の進行がわが国に与える影響

少子高齢化の進行がわが国に与える影響

少子高齢化の進行がわが国社会に与える影響は、主として、

  • ①経済社会の活力の維持に対する懸念
  • ②年金・医療等の社会保険制度の持続可能性に対する懸念

の2点です。

経済社会の活力についてみると、人口減少は社会全体の経済活動の規模を縮小させる方向に働きます。経済成長の観点では、マイナスの要素です。人口減少は、国民1人当たりの生産性に変化が無いとすれば、社会全体の生産力の低下であり、消費力の低下です。とりわけ、20歳から64歳という社会を支える現役世代の人口及び総人口に占める割合が減少して行く事は、経済社会の活力の維持に大きな影響を与える事が懸念されます。

当サイトがオススメする厳選FCをまとめて資料請求!!

資料を請求する