通所リハビリテーション(デイケア)

介護で起業ナビ

介護で起業ナビ フランチャイズで開業TOP > 通所リハビリテーション(デイケア)

通所リハビリテーション(デイケア)

サービスの目的

利用者が可能な限り、その居宅において、能力に応じた自立生活を営む事が出来る様、理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーションを行う事により、利用者の心身機能の維持、回復を図り、利用者の生活機能の維持・向上を目指します。

サービスの内容

【誰が】
介護老人保健施設、または病院、診療所の医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護士、准看護士、介護職員等が、主治医の指示と利用者の意向や状態等に応じて関係職種協働で作成した通所リハビリテーション計画に基づき行われるサービスです。
【何をどんな風に】
共通的サービスと選択的サービスに分けられ、前者は日常生活上の支援、生活行為を向上させる為のサービスであり、後者は共通サービスに加えて行う、運動器の機能向上、栄養改善、口腔機能の向上サービスです。
【利用できる方】
要介護1~5と認定された方で、病状が安定期にあり、医学的な管理の元で、リハビリテーションが必要と主治医から認められた方が利用できます。要支援1~2の方は、介護予防通所リハビリテーションを利用できます。介護予防通所リハビリテーションは生活機能を向上させる観点から、軽度の方、要支援1~2に適した内容・訪問・方法でサービス提供が行われます。

要支援、要介護について

当サイトがオススメする厳選FCをまとめて資料請求!!

資料を請求する